流星の電波観測  in ひたちなか市


自宅サーバーにて公開しております。


  Link



流星の電波観測とは?

電波観測の原理

流星がない、通常の状態流星の電離柱に電波が反射

流星電波観測では,昼夜を問わず流星を観測でき,かつ天候にも左右されないという,流星観測においては非常に有効で重要な観測方法です


電波信号源

福井県鯖江市にある福井工業高等専門学校のJA9YDB福井高専電波研究会(代表:前川公男氏)の、 HRO専用の電波として送信している 53.750MHzビーコンを利用させて頂いてます。(謝意)

観測地

茨城県ひたちなか市

アンテナ

形式 3素子八木アンテナ
高さ 8m高
ケーブル 5DFB 15m
備考 天頂向けのため周辺ノイズがかなり減少している。このことから天頂方向からの早くて暗い流星も観測出来ている。
太陽フレアからの電波バースト,時間帯によっては銀河ノイズも受信している。
(CL6DXXの3素子を利用,53.75MHzにエレメント長を調整,SWRは1.1以下となっている)

他の観測サイトのS/N比に比べ相当良いと思われる。
※ 近年、近くのセキュリティカメラからのノイズの影響があり天体イベント時には可能な範囲でカメラを停止している。

受信機

HRO Receiver 53.750MHz
ダブルスーバーヘテロダイン固定周波数(USB 0.9kHzシフト)

観測PC

PC NEC LavieNX LW30H/6(Celeron300MHz)
Memory:256MB,HDD:6.4GB
OS Windows2000
備考 信号は、サウンド(マイク)入力から取り込み

観測ソフトウェア

soft名 HROFFT ver1.0.0
機能等 サウンド入力から、取り込んだオーディオ信号を高速フーリエ変換して画面に表示するHROFFTにより解析。大川一彦氏が作成したHROFFTを利用させて頂いています。
soft名 DT−FTP ver1.08
機能等 このソフトは定点観測にも使える優れものです。一定の時間ごとに自動FTPを行うことが出来ます。観測PCから自動FTPで、サーバー上へ転送しています。
その他の
機能

SNTPをenabledに設定することでNTPサーバーに時計の同期が出来ますので正確な観測が可能となります。

回線

ここは、市街地から離れた田舎ですので、NTT局舎から4.6kmありADSLの速度はあまり望めません。
現在は、Bフレッツ回線でサーバーに接続されています。

サーバースクリプト(流星電波観測ライブ用CGI

このページの主体となっている流星の電波観測ライブを動かしているCGIファイルです。これは秋田の小林正幸氏が作成されたものです。(一部変更しています。)

管理者への連絡先   『knishino@lapis.plala.or.jp』

Topへ戻る